彩来会概要
会員リスト
未加入業種
交流成果
部会活動
入会要項

彩来会設立15周年記念講演会・祝賀会

彩来会設立15周年記念講演会・祝賀会が9月15日、さいたま市大宮区のサイサン本社8階ホールで盛大に行われた。会員や招待客ら約120人が出席し、会の歩みを振り返りながら、今後の発展を祝った。

(写真は、クリックすると大きく写ります)


【第1部・記念講演会】

MCは、ハーバル・モモの園藤祐子さん。
「犬と猫と人間と」をテーマに、女優の杉本彩さんが登場(アテンドは、友愛歯科クリニックの阿部和正さん)。

 ペットとともに生活し、動物愛護の活動も続けている杉本さんは、年間30万匹以上の犬猫が殺処分されているペット大国日本の悲惨な現状を報告。「問題なのは、モラルのない飼い主。人間のエゴで犠牲となる犬猫を増やさないよう、責任を持って終生飼育できる環境を」と訴えた。また、野放し状態のペット販売について「法改正で規制し、国への要望も出した」などど語った。会場では、無責任な飼い主のために収容所に入った犬の寂しそうでせつない目をしたスライド写真なども映し出された。

 最後に、ガンジーの「国家の偉大さや道徳的水準は、その国で動物がどう扱われているかによって判断することができる」との言葉を引用して「今後、ペットを取り巻く環境が改善して、日本が真の先進国であってほしい」と語り、講演を締めくくった。

 杉本さんは、東日本大震災で被災した猫の里親を探すなどのペットの保護活動も行なっているという。
 質疑応答では、杉本さんの美貌に関した話題も。秘訣について「老化とともに筋肉は落ちる。姿勢を正して筋肉を意識した生活をするだけでも違う」などとアドバイスした。

 講演終了後は、15周年プロジェクトチームごとに、杉本さんを囲んで記念撮影を行なった。




【第2部・祝賀会】

MCは、税理士法人岡本会計事務所の川中宣治さんと春風亭笑好さんのコンビが担当。パワフルな進行で会場を沸かせた。


@実行委員長あいさつ
マツザワ・松澤春雄さん

 「1年半前から準備を進め、会員が協力し合って、手づくり感あふれる催しになった。今回の協力体制は、将来、有効的につながっていくだろう」とあいさつ。
※あいさつの途中、地震があり、一時中断も。(すぐに再開)



A来賓あいさつ
清水勇人・さいたま市長
 さいたま市はこの会が5周年の時に誕生し、今年で10周年を迎えた。10月には、スポーツを誘致して地域企業などと連携して組織するスポーツコミッションを全国で初めて立ち上げる。そこで新たなビジネスチャンスも生まれてくる。経済が元気にならなければ地域も元気にならない。異業種交流から生まれる知恵を出して、さいたまの経済を盛り上げてほしい。



川本宜彦・サイサン会長
 
設立15周年に心からお祝い申し上げる。息長く時流に添いながら活動を続けているとてもすばらしい会。これまでの損保ジャパンの事務局運営にもねぎらいたい。15周年は一里塚みたいなもの。新陳代謝して育ち、今後ますます発展していってほしい。



宇津野保・損害保険ジャパン埼玉支店営業課長
 東日本大震災以後、通常例会会場になっていた会議室が災害対策本部で使えなくなり、ご迷惑かけている。今後も、「ギブアンドギブン」の精神で、支援・協力体制を続けていきたい。


B乾杯
波多野裕明・全国異業種交流会連合会代表

 記念撮影では、杉本彩さんの隣に座れて光栄(笑)。自分の会も15周年だが、彩来会の規模には及ばない。会の発展をお祈りするとともに今後も他県との交流もご協力願いたい。



Cアトラクション1
ヒップホップのラッパー、空也MCとアートステージパッションによるアルゼンチンタンゴがコラボレーション。


D森屋さんに感謝状贈呈

 設立準備から今日まで長年にわたって彩来会の運営に尽力されてきた事務局の森屋公雄さんにキューニーズビアバーの望月邦彦さんから感謝状と記念品が贈呈された。森屋さんは「皆様のご協力でここまでの会になった。感謝。ありがとうございます。今までで一番うれしい出来事」と笑顔。「会は自立している。15周年を機に引退を…」と話すと、会場からは「引退はだめ。まだやってもらいます」という声が上がっていた。



Eアトラクション2
 キューニーズビアバーの望月邦彦さんとイズハラ商事の伊豆原哲彦さんのギターの伴奏、壇上には、女性会員のコーラス隊10人によって、「Lets it be」「翼をください」を熱唱。会場の会員らも歌に加わり、楽曲の音色に、かつての青春をなつかしむ雰囲気が漂った。



F大抽選会
進行は、清水テントの清水聖一さん。

 会員企業協賛によるハズレなしの抽選会を実施。十八金ネックレス、温泉宿泊券、新米など数々の賞品が並べられ、「豪華賞品が当たれ」と一喜一憂しながら抽選に注目が集まった。



G閉会のことば  
アークランド・平田純一さん。
 会場提供からすべてのものが手作りで実行できた今回の15週年イベント。震災で日本の助け合いの精神が世界中から称賛されたが、我々彩来会も受け継いでいる。15周年も絆だと思う。
 最後は、参加者全員で大きく三本で締めくくり、お開きとなった。


【祝賀会・献立】

中国料理9品…東天紅
本マグロの解体パフォーマンスとにぎり寿司…寿司割烹山水
季節のフルーツ盛り合わせ…三国フーズ
卵焼き…玉進
和風デザート…小川屋
おにぎり…渋谷米穀
チーズ・フォンデュ…アキデザイン工房
黒ラベルの生ビール…サッポロビール
日本酒…能登屋
ワイン、スパークリングワイン…キワ
ソフトドリンク…三国コカ・コーラボトリング
※コンパニオン…シンフォニー
 日本酒の利き酒コーナー…アドソフィア

【パンフレット】
ディ・アイ・ピー
埼玉新聞社
永長事務所

【記録・撮影】
ainoko
ユアシスト
埼玉新聞社

【展示コーナー】
マッサージコーナー…ホリスティックケアルーム桜和
そのほか、会員企業のパンフレット、パネル展示など

【会場設営】
ティンズクラフト
Make Space
フェスタル関東

【進行】
キューニーズビアバー
ハーバル・モモ
友愛歯科クリニック
清水テント
岡本会計事務所
春風亭笑好

【会場提供】
サイサン

【抽選会賞品提供】
各社:


このページのトップへ


〒330−0854 さいたま市大宮区桜木町4−82−1  損保ジャパン日本興亜さいたま第一ビル
事務局長     佐竹 宏成
≪連絡先≫
事務局長代理  平田 純一  090−4722−9434